おすすめ薬剤師転職サイト

「薬剤師プロ」は東証一部上場の総合メディカルグループが運営している人材紹介サービスです。 求人数は業界最多規模の約15,000件!
その中からキャリアカウンセラーが条件や希望に見合った最適な職場を紹介し、スムーズに転職・就職できるように徹底的にサポート。
キャリアカウンセラーは、薬剤師免許保持者など元医療関係者などのエキスパートばかり。
薬剤師ならではの不安、不満なども理解してアドバイスしてくれます。
薬剤師専門のカウンセラーが徹底的に転職・就職をサポート!
対応エリア 全国 祝い金 無し
求人数 スピード
実績 面接対策
顧客満足度 サポート
アドバイザー 口コミ
私たちは一人一人の「納得」を1番の判断基準にしています
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況・忙しさなど、あなたが『本当に知りたい情報』をお伝えすることができます。
メディウェルのコンサルタントは、独自のネットワークと自分の足で調査した非公開情報-つまり、非公開求人、応相談の勤務条件や特別待遇、求人票に出せない薬局の内部情報-をあなただけに、そっとご紹介します。
高収入にこだわるなら薬剤師転職ドットコム
対応エリア 全国 祝い金 最大20万円
求人数 スピード
実績 面接対策
顧客満足度 サポート
アドバイザー 口コミ
すべての薬剤師の転職に「選択肢」と「お祝い金」を。
8万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師転職サイト「ジョブデポ薬剤師」。
最大40万円のお祝い金を進呈中!
お祝い金を目当てに「ジョブデポ」を利用する薬剤師さんも少なくありません。
転職サポートアドバイスも充実。
8万件以上の求人件数とお祝い金40万円が魅力的
対応エリア 全国 転職支援金 最大40万円
求人数 スピード
実績 面接対策
顧客満足度 サポート
アドバイザー 口コミ
充実のサポート体制。希望条件をしっかりヒアリング。
ちょっと厳しいかなという希望も、まずは気軽に相談してみましょう。
お仕事のご紹介はもちろん、入職後の疑問や不安も一緒に解決。あなたの転職・就職をトータルでサポート。
希望の事業所を逆指名!担当コンサルタントがあなたに代わって交渉をしてくれます。
アフターフォローも充実していて安心
対応エリア 全国 祝い金 無し
求人数 スピード
実績 面接対策
顧客満足度 サポート
アドバイザー 口コミ
「マックス・キャリア」では、あなたに合った求人をご紹介することが最終目的ではなく、新しい職場で満足して働けるよう、就業後のアフターフォローも徹底。
調剤薬局の求人に強いのが特徴。
大手の調剤薬局の求人も有り、収入アップを希望する薬剤師さんにも人気です。
最大でお祝い金30万円!
キャリアアドバイザーの頼もしいサポートが心強い
対応エリア 関東・関西 祝い金 最大30万円
求人数 スピード
実績 面接対策
顧客満足度 サポート
アドバイザー 口コミ

「薬剤師 求人 情報ならメディクル」について

薬剤師の転職

薬剤師の転職といっても、転職する職場によっていろいろ違ってきます。薬剤師の職場というと、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社などがあげられます。

調剤薬局では、「調剤業務」「服薬業務」「薬歴管理」が主な業務となってきます。
調剤業務は、病院の先生にもらった処方箋を持ってこられた患者さんに薬の処方を行います。服薬指導は、その処方した薬の服用方法を説明したり、薬の注意点の指導をすることです。「薬歴管理」は、薬の副作用の情報を含む、薬の服用履歴を管理する業務です。

ドラッグストアでは、「調剤業務」「相談・販売」などが主な業務となってきます。
ドラッグストアでは、調剤薬局と同様に、処方箋での調剤業務を行います。最近では、ドラッグストアでも薬剤師の説明を受ける必要がある薬の販売を行っているところも多く、そのような薬をお求めになるお客様に、薬の効能や注意点を説明します。
その他には、来店されたお客様の病状や症状等を聞いた上で、それに効く薬を紹介する業務もあります。
また、お客様の症状や体質をヒアリングして総合的に判断した上で、お客様が希望されている以外の薬を紹介することなどもあります。
近年のドラッグストアは日用品の販売なども行なっており、要職についた場合には、薬以外の商品の受発注などの管理業務を行うこともあり、業務範囲は広範囲となります。また、レジうちなどをしている薬剤師さんもいます。

病院勤務の薬剤師の業務は、医師の指示のもとに、入院患者が服用する薬の調剤を行います。その他に薬品の数を把握し、適正な在庫数を管理する「薬品管理業務」、医療に必要な新しい薬を開発する「製剤業務」、製薬会社等と協力し新しい薬を開発する「治験業務」など、薬に関連する業務を幅広く行います。
また、がん科、精神科、HIV感染症などの特殊な専門科目を扱っている病院もあります。
そういったところになるとそれぞれ専門の薬剤師を抱えている病院もあり、より専門的な知識を求められるとともに、知識向上にも繋がります。

製薬会社などでの薬剤師の業務範囲は、医薬品を所持する事業所にて、薬事法に則った管理を行う管理薬剤師の業務、自社製品に関する資料の作成等を行う学術業務、治験を行う病院等の選定や契約、症例のチェックや報告書の回収、治験患者の症例登録や報告書の作成を行う業務などがあります。

いずれにしろ薬のプロフェッショナルとして幅広く薬にかかわる業務を行う必要があります。